EDになりやすいタイプ

EDになりやすい人はセックスよりオナニーが大好き

普段からよく自慰をする男性は、EDになりやすいとも言われています。
どうして一見何の関係もなさそうな自慰とEDとが結びつくのでしょうか。
それは自慰をする男性は普段からセックスに対する自信がない為、それで仕方なく自慰をしているという場合が多いからです。
もしもセックスに対する自信がある男性の場合、つまりセックスの時にちゃんと勃起することが出来るという男性の場合、簡単にはEDになどならないものです。
何故なら自慰などしなくてもセックスで十分に満足することが出来ますし、早く勃起しないということで女性に責められてしまうということもないからです。
しかしセックスに自信がない人はセックスの時に思うように勃起させることが出来ません。
そして結局女性と一緒にいる機会がある場合であってもセックスすることが出来ずに終わってしまうので満足できず、結局一人で自慰をして射精して満足するしかなくなってしまうというわけなのです。
つまり自慰とEDの間には直接的な関係性というものはなく、あくまでも間接的な関係性しかないということなのです。
つまり必然的にEDの男性というのは自慰をして気持ちよくなるしかないという図式なのです。
決して自慰をするからEDになってしまうということではないのです。
そして自慰でも十分に気持ちよくなれるというのであれば問題はないのですが、大抵の成人男性は自慰だけでは満足を受けることが出来ないものです。
だからこそしっかりとEDを治して、健全なセックスが出来るようにしていかなければならないのです。
それにセックスが出来なくて辛い思いをしているのは自分だけではなくて相手の女性も一緒なのです。なので一緒に頑張って治していきましょう。

乱れた生活をしている人はEDになりやすい

生活が乱れている人は、ED(勃起障害)になるリスクが高くなります。
乱れた生活とは、食べる、出す、寝る、の3つが出来ていない生活です。
生活のリズムが狂うと、必ずどこかに障害が出てきます。
まず食べるについてです。
EDになりやすい食生活は、血液をサラサラにする食品を摂取していない生活です。
血液をサラサラにする食品の覚え方は、「お・さ・か・な・す・き・や・ね」です。「お茶」「魚」「海藻類」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」の頭文字をとったものです。
これらの食品が食事から欠落している人は、血液がドロドロになりやすいので、勃起に必要な血液が供給されずにEDになるリスクが上がります。
お菓子などの嗜好品が全ていけないというわけではありませんが、食べ過ぎには気をつけてバランスの良い食生活を目指しましょう。
具体的には、野菜を多めに食べるように心がけるだけでもだいぶ変わります。
最初はドレッシングをかけても良いので、野菜をたくさん食べるように心がけてみましょう。
次第にドレッシングなしでも野菜の美味しさがわかってきます。
次は出す、についてです。
いわゆる排泄のことですが、体の循環が悪いと便秘になりやすくなります。
男性は女性よりも便秘にはなりにくいですが、体を冷やしてばかりいると、腸の働きが低下して便秘になりやすくなります。
老廃物がたまると血液が汚れやすくなり、血流が悪くなります。
最後の寝る、も重要です。
睡眠のリズムが狂ってしまうと、生活全体に支障が出てきます。
食事時間も不規則になり、不健康な食事内容になりやすくなります。
質の高い睡眠をとるには、お風呂に入ってリラックスしたり、日中に体を少し動かしておくと寝つきが良くなります。

ED改善にはストレスを溜め込まないことが大切

ストレスや不安などの精神的な原因によって起こるEDを心因性EDといいます。
心因性EDには、仕事や経済的なストレスなどによる現実心因、自分では自覚はなく、小さいころのトラウマや、性的トラブルが原因で起こる深層心因があります。
現実心因の場合は、自分自身で大体原因がわかり、このケースの場合は、メンタルのカウンセリングや薬を飲むことなどによって直せることがあるため、軽度のEDとなります。
深層心因の場合は、無意識で感じているストレスによるものなので、原因の解明には長い時間がかかるため、簡単に治すことができないことが多いです。
心因性EDになりやすい人として、考え込んでストレスを溜め込みやすい人に多くEDになってしまって、相手を満足させてあげられないことにもストレスを感じてしまい、さらに深刻な事態になってしまう場合があります。
また、以前の性行為での失敗に対してのトラウマなどから、いざ性行為を行う際に、また失敗してしまったらなどの心配によりストレスを感じてしまい、EDになってしまうということがあります。
こういった場合には、相手とともに一緒に解決法を考え、自信を失わないようにすることや、ED治療薬を服用することにより、性行為に対して自信をつけることも解決するための有効な手段です。
性行為に対する自信を失わないようにすることが大切です。
日々のストレスを解消して、ストレスを溜め込まないことも改善に繋げることができます。
趣味やスポーツに没頭したり、旅行に出かけたりするなど、自分に合ったストレス解消法を自分なりに探して行うことで、ストレスを溜め込まないようにすることができ、症状を改善することに繋がります。

<おすすめ治療薬通販>
ゼネグラで勃起力を取り戻す
ED治療ができる病院検索|ED治療病院ナビ
通販 バイアグラ
レビトラ