EDになりやすいタイプ

EDの治療は前立腺肥大薬としても効果がある

ED治療薬のなかには前立腺肥大薬としても効果があるものが存在することはご存知でしょうか。

ED治療薬としてバイアグラが有名ですが、なぜこの薬に効果があるのかというと、PDE5という酵素の働きを抑制する作用があるからです。

勃起障害がおきるのは陰茎の血管拡張がうまくできないからです。血管を拡張させる物質にサイクリックGMPがあります。もちろんこれは体内に存在する物質なのですが、PDE5という酵素がこれを分解してしまいます。それで立たないという現象がおきるのですが、バイアグラにはPDE5の動きを阻害する作用があり、これによって勃起障害がなくなるのです。

そしてPDE5阻害薬には前立腺肥大症にも効果があるのです。前立腺とは膀胱のすぐ下にある尿道をとりかこむように存在する臓器です。前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて尿が出にくくなったり頻尿になるという症状があらわれます。

前立腺肥大症の治療では、圧迫された尿道をゆるめることが必要です。そのために前立腺や尿道の平滑筋を弛緩させる必要があります。前立腺肥大薬といっても前立腺肥大そのものを解消するわけではないので対症療法にしかなりませんが、それでも治療効果はあります。

前立腺や尿道の平滑筋にもやはりあのPDE5がたくさん存在ます。ということはPDE5の働きを阻害することができれば前立腺肥大症の治療にも効果があるというわけです。

またEDと前立腺肥大症のあいだに関連性があることもわかっています。前立腺肥大症にともなう排尿障害や、頻尿が原因で夜に熟睡できないことがEDの原因にもなっているのです。原因が共通するPDE5であるのみならず、ひとつの病気が別の病気をひきおこすのです。ひとつの薬でふたつの病気に対応できれば、ED治療薬と前立腺肥大薬の両方を飲む必要はなく、飲み過ぎによる副作用も回避することができ、一石二鳥です。